新松戸のクリニック けやきトータルクリニック

サイトマップ
新松戸けやきトータルクリニック

新松戸の内科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科

新松戸のクリニック けやきトータルクリニック TOP >

松戸市新松戸のクリニック

クリニックのご紹介 外来診療のご案内 クリニックへのアクセス

クリニックの概要について

感染防止策 医療設備 健康診断 病診連携医療機関 用語集 リンク集 個人情報保護 スタッフ募集

≪健康相談室≫新型コロナウイルスのワクチン開発について

新型コロナウイルスのワクチン開発の
現状について教えてください

さまざまなタイプのワクチンが開発中です
ワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあります。生ワクチンは、病原性を弱めた生きたウイルスを接種し、病気にかかった状態とほぼ同じ免疫が得られます。
一方、不活化ワクチンは死滅させたウイルスの一部を使うため、生ワクチンに比べて免疫がつきにくく、何回かに分けて接種することもあります。インフルエンザワクチンは不活性化ワクチンに属し、製造過程で多量の鶏の有精卵が必要となり、手間と時間がかかります。
早期実用化が期待される新型のワクチンは、ファイザーや第一三共、東大医科研が開発しているmRNAワクチンと、大阪大学が開発しているDNAワクチンです。これはウイルス本体ではなく、その遺伝子情報のみを接種する方法で、接種後に病原体蛋白質が体内で生産され、それに対して抗体ができるというものです。
 ウイルスそのものではないので病原性は低く安全で、細胞培養や有精卵で製造するのとは異なり大量生産が容易で、コストも安く、短期間で製造可能です。
もう一つは、アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発しているベクターワクチンです。これは新型コロナの遺伝子情報を風邪のアデノウイルスに入れ、これをベクター(運び屋)として接種します。すると体内で新型コロナ蛋白質が発現し、これに対して抗体ができるという仕組みです。
 さらに、塩野義製薬では、遺伝子技術を用いて新型コロナ蛋白質を製造し、接種する遺伝子組み換え蛋白ワクチンを開発中ですし、東大医科研では従来の不活化ワクチンも開発中です。

日時:2020年09月16日 15:25

« 新型コロナかなと思ったら| ホームページTOPへ

新松戸駅から徒歩12分


けやきトータルクリニック
TEL.047-309-2299
FAX.047-309-2229
千葉県松戸市新松戸
三丁目114番地

【 診療科目 】
内科
呼吸器内科
リウマチ科
整形外科
皮膚科
リハビリテーション科
※曜日確認はお電話にて

【 診療受付時間 】
午前 9:00 〜 12:00
午後 2:00 ~ 5:00

【 休診日 】
土曜午後・日曜・祝日