新松戸のクリニック けやきトータルクリニック

サイトマップ
新松戸けやきトータルクリニック

新松戸の内科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科

新松戸のクリニック けやきトータルクリニック TOP >

松戸市新松戸のクリニック

クリニックのご紹介 外来診療のご案内 クリニックへのアクセス

クリニックの概要について

感染防止策 医療設備 健康診断 病診連携医療機関 用語集 リンク集 個人情報保護 スタッフ募集
« 2016年06月 | メイン | 2016年08月»

暑い日が続いています。

子供たちは夏休みに入り公園で遊んでいる姿も多くみられる様になってきました。

日本の夏は湿気が多く体温が体内にこもりやすい為、熱中症にかかり易く、体調管理が重要になってきます。
水不足の問題もあるので、今の内から水分をしっかり取る意識を強めて暑い夏を乗り切りましょう。

2016年07月23日

《健康相談室》痛風とその予防

昨年の夏、ゴルフをしていて痛風発作を起こし、 救急車で運ばれました。二度と経験したくないのですが、予防法を教えてください。
問題は、発作が治まると治療を止めてしまうこと

 痛風は、尿酸が体の中に溜まり、 結晶となって激しい関節炎を起こす 病気です。
 尿酸は、体内の新陳代謝によって 産生される物質で、基準値は7 mg/ dl 以下。尿酸の原料となるのがプリン体という物質で、プリン体を多く含む食品を摂り過ぎたり、急激な運動でエネルギーが消費されることに よって血中濃度が上昇します。
  プリン体は、肝臓で分解されて尿酸となり、腎臓から排出されます。 尿酸は「作り過ぎる」ことで増加するだけでなく、「排出がうまくいか ない」ことによっても増加します。
  ご相談者のように、夏にゴルフをした翌朝、病院に担ぎ込まれる人が多くいます。それは、ゴルフには尿酸値を上昇させる原因が数多く揃っ ているからです。
①昼食時、プリン体が多く含まれるビールをたくさん飲む。
②パワーをつけようとプリン体の多い焼肉やステーキを多量に食べる。
③汗をたくさんかいて脱水状態になり、相対的に高尿酸血症となる。その結果、尿酸値が上昇して発作を招いてしまうのです。ただ、良い薬が開発されているので、正しい投薬を続ければ、全く問題なく健康な 生活を送れます。
 問題は、「のど元過ぎれば熱さを忘れ」、医師から説明を受けても、 発作が治まると治療を止めてしまう人があまりにも多いことです。
 痛風は糖尿病と同じで、怖いのはそれ自体よりむしろ合併症のほうです。中でも最も怖いのが腎障害です。 悪化させると、透析療法になることも ありますので注意が必要です。

2016年07月21日

暑い日が続いています!

7月に入り、暑い日が続いています。

梅雨明けもまだしていませんが、天気予報を見ると、30度越えの日も多くなってきました。毎日、車でご利用者様のお宅を回っている訪問リハビリですが、車の中もかなりの高温となり体調の管理が大変な時期になってきました。
この時期は湿度も高く、汗として熱を外に逃がしにくい傾向にあるので、水分補給のみでなく、クーラーなどで室温を調整して熱中症対策をしていきましょう。

2016年07月11日

新松戸駅から徒歩12分


けやきトータルクリニック
TEL.047-309-2299
FAX.047-309-2229
千葉県松戸市新松戸
三丁目114番地

【 診療科目 】
内科
整形外科
皮膚科
リハビリテーション科

【 診療時間 】
午前 9:00~12:30
午後 2:00~ 5:30
(受付は30分前まで)

【 休診日 】
土曜午後・日曜・祝日