新松戸のクリニック けやきトータルクリニック

サイトマップ
新松戸けやきトータルクリニック

新松戸の内科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科

新松戸のクリニック けやきトータルクリニック TOP >

松戸市新松戸のクリニック

クリニックのご紹介 外来診療のご案内 クリニックへのアクセス

クリニックの概要について

感染防止策 医療設備 健康診断 病診連携医療機関 用語集 リンク集 個人情報保護 スタッフ募集
« 2015年07月 | メイン | 2015年09月»

お盆も終わり、少し暑さも引けてきましたが、日中の暑さは残ります。

過ごしやすくなってきていますが、熱中症の危険は十分にあります。

細目な水分、塩分摂取を心掛けるようにしましょう。
また、季節の変わり目は温度変化も激しい為体調管理をしっかりし、健康に過ごしましょう。

2015年08月26日

綿の花

2015%E7%B6%BF%E3%81%AE%E8%8A%B1.png

まだまだ残暑が厳しい中 綿の花が今朝開花しました。種から育った真っ白な花を見つけた時はとても嬉しく一人にっこり微笑んでしまいました。いくつも蕾をつけているのでこれから咲く花と綿の実。今年、移植に出遅れたコキアもまだ大きくなるように頑張っているので秋に色づくまでの成長も楽しみです。花壇のあちらこちらに葉牡丹の発芽も見られ昨年同様年末には葉牡丹も玄関先で見られそうです。綺麗に葉が巻いてくれればこちらに載せますね。秋のお彼岸までの1か月、栄養のある食べ物や水分摂取で残暑に負けないで下さいね。

2015年08月19日

残暑お見舞い申し上げます。

さて、今回は手足口病についてです。

乳幼児の手や足、口の中などに発疹ができる手足口病の患者数が、過去最多だった2011年7月中旬に迫る勢いで増えていることが、国立感染症研究所が発表した速報値でわかりました。

当クリニックのある松戸市も、千葉県の中では流行レベルが高い状況です。
実は、子どもに流行しやすい病気だからと、油断はできません。夏の感染症の中では大人がかかりやすい病気の一つと言われています。しかも特効薬がなく、対処療法しかありません。子どもは発熱してもそれほど高熱にはなりませんが、大人の場合、38度をこえることもあります。特に口の中の発疹が多いようです。口の中じゅう、口内炎のように白い発疹ができ、痛みで唾を飲み込むことも大変になり、場合によっては、水分をとることも難しく、しばらく点滴をしながら回復を待つしかないことも…。
 感染研は、流行が9月頃まで続く恐れもあるとみて警戒を呼びかけています。

日本医師会が公表している感染対策としては、
・接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすること
・排泄物を適切に処理すること
*保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員と子ども達が、
しっかりと手洗いをすることが大切です。
*おむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。
*手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。
*タオルの共用はしてはいけません。

 手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されますし、また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切とのことです。

2015年08月13日

新松戸駅から徒歩12分


けやきトータルクリニック
TEL.047-309-2299
FAX.047-309-2229
千葉県松戸市新松戸
三丁目114番地

【 診療科目 】
内科
整形外科
皮膚科
リハビリテーション科

【 診療時間 】
午前 9:00~12:30
午後 2:00~ 5:30
(受付は30分前まで)

【 休診日 】
土曜午後・日曜・祝日