新松戸のクリニック けやきトータルクリニック

サイトマップ
新松戸けやきトータルクリニック

新松戸の内科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科

新松戸のクリニック けやきトータルクリニック TOP >

松戸市新松戸のクリニック

クリニックのご紹介 外来診療のご案内 クリニックへのアクセス

クリニックの概要について

感染防止策 医療設備 健康診断 病診連携医療機関 用語集 リンク集 個人情報保護 スタッフ募集

《健康相談室》慢性便秘について

70 歳を超えたあたりから一年を通して便秘気味に。なにかよい方法はありませんか?

慢性便秘症の新薬が発売されています
一般的に3〜4日便が出ないことを便秘と言いますが、毎日排便があっても固くて苦労する、排便後もすっきりしない等の不快な症状があれば、それも便秘といえます。
 今まで処方されてきた薬剤は、ほとんどの場合、①便の水分を増やす酸化マグネシウム、②腸を刺激して活性化する植物成分のセンナ、この2成分が中心でした。
 ①の酸化マグネシウムは安価ですが、腎機能が低下している高齢者は、高マグネシウム血症に注意が必要です。悪心・嘔吐、血圧低下、徐脈、筋力低下、傾眠等の症状が出たら採血を行い、マグネシウム値が高い場合は内服を中止しなければいけません。
 一方、②のセンナは、長期連用によって耐性が生じ、難治性便秘に進むことがあります。またセンナに含まれるアントラキノンは、大腸運動異常(腸機能減弱)や偽メラノーシス(大腸粘膜が黒くなる)を引き起こすこともあるので、一時的な使用に留めるべきだとされています。
 6年前にアミティーザ、2年前にリンゼス、1年前にグーフィス、昨年末にモビコールという薬が次々と発売されました。作用のしくみは全て異なりますが、いずれも腸管内の水分量を増やし、便を柔らかくして排便を促します。
 欧米で第一選択薬となっているのはモビコールで、ポリエチレングリコールというポリマーを水に溶かして1日1〜3回飲みます。浸透圧差で便に水を含ませるしくみで、体内には吸収されないため電解質異常等を引き起こさず、安全性は高くなっています。

日時:2019年06月26日 08:55

« ランニングマガジンクリール| ホームページTOPへ |外来表(7月) »

新松戸駅から徒歩12分


けやきトータルクリニック
TEL.047-309-2299
FAX.047-309-2229
千葉県松戸市新松戸
三丁目114番地

【 診療科目 】
内科
呼吸器内科
リウマチ科
整形外科
皮膚科
リハビリテーション科
※曜日確認はお電話にて

【 診療受付時間 】
午前 9:00 〜 12:00
午後 2:00 ~ 5:00

【 休診日 】
土曜午後・日曜・祝日