新松戸のクリニック けやきトータルクリニック

サイトマップ
新松戸けやきトータルクリニック

新松戸の内科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科

新松戸のクリニック けやきトータルクリニック TOP >

松戸市新松戸のクリニック

クリニックのご紹介 外来診療のご案内 クリニックへのアクセス

クリニックの概要について

感染防止策 医療設備 健康診断 病診連携医療機関 用語集 リンク集 個人情報保護 スタッフ募集
« 2019年05月 | メイン

外来表(6月)

%E5%A4%96%E6%9D%A5%E8%A1%A82019.6.PNG
※内科:①は第1診察室、②は第2診察室
※整形外科:木曜日の午後は14時30分~、土曜日終日休診
※緊急往診対応の為、予告なく休診になることがあります
※皮膚科:土曜日午前のみ診療
※休診日:土曜午後・日曜・祝日
6/25(火)の整形外科は 終日休診となります。

2019年06月30日

外来表(7月)

2019.7%E5%A4%96%E6%9D%A5%E8%A1%A8.PNG
※内科:①は第1診察室、②は第2診察室
※整形外科:木曜日の午後は14時30分~、土曜日終日休診
※緊急往診対応の為、予告なく休診になることがあります
※皮膚科:土曜日午前のみ診療
※休診日:土曜午後・日曜・祝日
7/23(火)の整形外科は 終日休診となります。

2019年06月17日

《健康相談室》慢性便秘について

70 歳を超えたあたりから一年を通して便秘気味に。なにかよい方法はありませんか?

慢性便秘症の新薬が発売されています
一般的に3〜4日便が出ないことを便秘と言いますが、毎日排便があっても固くて苦労する、排便後もすっきりしない等の不快な症状があれば、それも便秘といえます。
 今まで処方されてきた薬剤は、ほとんどの場合、①便の水分を増やす酸化マグネシウム、②腸を刺激して活性化する植物成分のセンナ、この2成分が中心でした。
 ①の酸化マグネシウムは安価ですが、腎機能が低下している高齢者は、高マグネシウム血症に注意が必要です。悪心・嘔吐、血圧低下、徐脈、筋力低下、傾眠等の症状が出たら採血を行い、マグネシウム値が高い場合は内服を中止しなければいけません。
 一方、②のセンナは、長期連用によって耐性が生じ、難治性便秘に進むことがあります。またセンナに含まれるアントラキノンは、大腸運動異常(腸機能減弱)や偽メラノーシス(大腸粘膜が黒くなる)を引き起こすこともあるので、一時的な使用に留めるべきだとされています。
 6年前にアミティーザ、2年前にリンゼス、1年前にグーフィス、昨年末にモビコールという薬が次々と発売されました。作用のしくみは全て異なりますが、いずれも腸管内の水分量を増やし、便を柔らかくして排便を促します。
 欧米で第一選択薬となっているのはモビコールで、ポリエチレングリコールというポリマーを水に溶かして1日1〜3回飲みます。浸透圧差で便に水を含ませるしくみで、体内には吸収されないため電解質異常等を引き起こさず、安全性は高くなっています。

2019年06月15日

熱中症対策をしましょう!

先日、関東地方も梅雨入りしました。

熱中症対策をしましょう!

先日、関東地方も梅雨入りしました。これからの時期、ジメジメする!洗濯物が乾きにくい!髪がまとまらない!等々悩まれる方も多いと思います。(私もその中の一人です)
特にこの時期から気をつけていただきたいこと、それは【熱中症】です。天気の良い暑い日に起こるとは限りません。梅雨の時期でも気づかないうちに熱中症を発症してしまうことがあるので注意が必要です。湿度が高くなることで、汗が蒸発しにくくなり、結果として身体に熱がこもりやすい状態となります。また、身体が暑さに慣れていないことも熱中症を引き起こす原因の一つです。暑い日が続くと、身体が次第に暑さに慣れて暑さに強くなる(暑熱順化)と言われていますが、この身体の適応は気候の変化より遅れて起こります。熱中症対策として、暑さを避けることと、こまめに水分補給をすることが大切です。また大量に汗をかいたときは塩分補給も忘れずに。
今の時期から熱中症対策をしっかりとり、暑い時には決して無理をせず、徐々に暑さに慣れていくように工夫しましょう!

2019年06月11日

新松戸駅から徒歩12分


けやきトータルクリニック
TEL.047-309-2299
FAX.047-309-2229
千葉県松戸市新松戸
三丁目114番地

【 診療科目 】
内科
呼吸器内科
リウマチ科
整形外科
皮膚科
リハビリテーション科

【 診療受付時間 】
午前 9:00 ~ 12:00
午後 2:00 ~ 5:00

【 休診日 】
土曜午後・日曜・祝日