新松戸のクリニック けやきトータルクリニック

サイトマップ
新松戸けやきトータルクリニック

新松戸の内科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科

新松戸のクリニック けやきトータルクリニック TOP >

松戸市新松戸のクリニック

クリニックのご紹介 外来診療のご案内 クリニックへのアクセス

クリニックの概要について

感染防止策 医療設備 健康診断 病診連携医療機関 用語集 リンク集 個人情報保護 スタッフ募集
« 2018年08月 | メイン | 2018年10月»

外来表(9月)

30.9%E5%A4%96%E6%9D%A5%E8%A1%A8.PNG
9月29日(土)佐藤医師休診⇒代診 下野医師
(宮川医師の診察は通常通り行います。)
ご迷惑お掛け致しますがご了承下さい。

2018年09月30日

今年の夏は、記録的な猛暑でした。

皆様の体調はいかがでしょうか。

中には、たくさんの日差しを浴びたので、シミが気になる!といった方もいらっしゃるかもしれません。
私も、訪問の運転や子供の送り迎えで、日差しを例年よりたっぷりと浴びたので、お肌の調子が気になる今日この頃です。
そのような方は、意識的に、ビタミンCを多く含んだ食品を摂取すると良いかもしれません。
ビタミンCは、シミの元になるメラニン色素を還元し、シミの沈着を抑えるなど、シミ・くすみ予防には欠かせない成分です。
具体的には、緑黄色野菜(ブロッコリー・ほうれん草・ピーマン等)、淡色野菜(カリフラワー・レンコン等)に含まれています。
これから旬を迎える柿にも、ビタミンCが多く含まれているそうですよ。
秋の味覚を楽しむと同時に、シミ対策もできるかもしれませんね。

2018年09月20日

《健康相談室》アルコールの適量と休肝日について

毎日の晩酌を楽しみにしています。家族には休肝日をつくるようにと強く言われますが、アルコールの適量ってどれくらいなのでしょう?
飲酒には認知症や癌の危険性を高める可能性が…

 厚生労働省は、適度な飲酒は1日平均アルコール20g程度としています。お酒でいえば「ビール中ビン1本」「日本酒1合」「チューハイ(7%)350㎖缶1本」「ウィスキーダブル1杯」程度に相当します。
 これは、日本人や欧米人を対象にした大規模な疫学研究から、アルコール消費量と総死亡率の関係を検討して割り出されたもので、女性や高齢者はさらに少なくすべきだとしています。
 また、週に2日は必ず休肝日を取り、肝臓を休めることが重要だとしています。多量の飲酒を継続すると、前頭葉を中心とした全脳に萎縮が起こり、脳に悪影響を及ぼすことは広く知られています。
 しかし、昨年の英国オックスフォード大学の研究発表は、適量の飲酒量でも長期に及ぶと、記憶を司る脳の海馬が萎縮する危険が通常の3・4倍に高まり、脳に有害な影響を及ぼすというものでした。それによって、認知症の発症が早まる可能性があるわけです。
 さらに、飲酒が癌の危険を高めるという指摘は以前からされています。アルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドが、DNAの二重鎖を切断し、その配列を元に戻らない状態にまで壊して特定の癌につながる可能性があると、英国ケンブリッジ大学が科学誌「ネイチャー」に発表しています。
 アセトアルデヒドを分解する酵素が十分でない人の場合、その損傷は4倍になるということですが、この酵素に問題のある人はとくに東南アジア人に多いとされています。
 晩酌は適量を守り、休肝日をとりましょう。

2018年09月18日

宮川秀文医師 日本健康マスター検定合格

内科の宮川秀文医師が日本健康マスター検定 エキスパートコースに合格。資格取得されましたのでご紹介させていただきます。

kenko%20master.jpeg

今、日本は超高齢化社会となり、それに伴って患者さんの数は激増すると予想されます。私達医療従事者、或いは、医療従事者でなくとも、病気にかからない事が益々重要となります。私は、病気予防に更に邁進するために、この度、健康マスターという資格試験を受験致しました。この資格は、地域社会、会社などの中で、健康を守る為の活動を行える資格です。どなたでも受験できます。職員の皆様のご協力を頂き、幸いなことにエキスパートコースに合格する事が出来ました。ありがとうございました。これからも、地域医療のために身を挺して頑張っていきたいと思っております。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。  内科 宮川秀文

2018年09月13日

自然災害について。

この文章を書いている現在台風21号が通過したと思った束の間、北海道震度6強の地震が襲いました。

ご覧の方々の中には御親族が近畿地方、北海道にご在住の方もいらっしゃると思います。御無事であればと願っています。台風の到来、地震。今一度明日は我が身の精神で日々備えなければならないと感じている所です。まずは自分の身を守る事を考えねばなりません。避難経路、避難場所の確認。家族との連絡方法の確認。避難用の物資。普段の防災グッズ。家具の固定等見直す必要があると思います。インターネットには防災グッズをひとまとめにしたセット商品等の便利な商品もあるようです。ライト、水、食料品、防寒具、着火剤、簡易トイレ、救急用品等といったところでしょうか。自宅の防災バッグにはどれだけ揃っていますか?皆様、とりわけ被災地の皆様の無事と健康を祈っております。

2018年09月06日

新松戸駅から徒歩12分


けやきトータルクリニック
TEL.047-309-2299
FAX.047-309-2229
千葉県松戸市新松戸
三丁目114番地

【 診療科目 】
内科
呼吸器内科
リウマチ科
整形外科
皮膚科
リハビリテーション科

【 診療受付時間 】
午前 9:00 ~ 12:00
午後 2:00 ~ 5:00

【 休診日 】
土曜午後・日曜・祝日