新松戸のクリニック けやきトータルクリニック

サイトマップ
新松戸けやきトータルクリニック

新松戸の内科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科

新松戸のクリニック けやきトータルクリニック TOP >

松戸市新松戸のクリニック

クリニックのご紹介 外来診療のご案内 クリニックへのアクセス

クリニックの概要について

感染防止策 医療設備 健康診断 病診連携医療機関 用語集 リンク集 個人情報保護 スタッフ募集

《健康相談室》インフルエンザワクチン型について

昨年からインフルエンザワクチンが「3価ワクチン」から「4価ワクチン」に変更されたと聞きました。何が変わったのですか?
A型2種類+B型2種類のワクチン株が含まれています

 インフルエンザにはA型とB型とがあります。ウイルス粒子を構成するタンパク質の抗原性の違いによって分類されていますが、形態上は見分けがつきません。また、症状もとてもよく似ているため、臨床症状だけで区別するのは困難です。さらに、A型もB型も細かく種類が分かれています。 
 今までのワクチンは、A型がソ連型と香港型の2種類、B型が1種類、合計3種類のワクチンが含まれ、3価ワクチンと呼ばれていました。
 これまで、B型ワクチンは山形系とビクトリア系のどちらか一方が選択されていました。しかしB型に1種類しか含まれていないと、他の系統が流行した場合、効果が低くなります。そのうえ、近年は世界的にこの2種類混合系統の流行がみられるため、WHOでは2013年からB型2系統を含んだ4価ワクチンを推奨しています。
 こうした流れを受けて日本でも、2015年に製剤基準が改正され、4価ワクチンが用いられるようになり、値段も少し高くなりました。
 A型が流行し始めるのは11月下旬ごろから、B型は3月中旬ごろからのため、A型に感染した後、B型に感染することもあります。
 ウイルスは突然変異するためワクチンも毎年変更されます。そのため、前年に注射していても新たに接種が必要となるわけです。近年、変異したウイルスのうち、どのウイルスが流行するかを予測する技術が高まってきており、実際に流行したウイルスとほぼ一致したワクチンを作製することができるようになっています。

日時:2016年10月17日 11:15

« スポーツの秋| ホームページTOPへ |インフルエンザ予防接種のご案内 »

新松戸駅から徒歩12分


けやきトータルクリニック
TEL.047-309-2299
FAX.047-309-2229
千葉県松戸市新松戸
三丁目114番地

【 診療科目 】
内科
整形外科
皮膚科
リハビリテーション科

【 診療時間 】
午前 9:00~12:30
午後 2:00~ 5:30
(受付は30分前まで)

【 休診日 】
土曜午後・日曜・祝日