新松戸のクリニック けやきトータルクリニック

サイトマップ
新松戸けやきトータルクリニック

新松戸の内科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科

新松戸のクリニック けやきトータルクリニック TOP >

松戸市新松戸のクリニック

クリニックのご紹介 外来診療のご案内 クリニックへのアクセス

クリニックの概要について

感染防止策 医療設備 健康診断 病診連携医療機関 用語集 リンク集 個人情報保護 スタッフ募集
« 2015年12月 | メイン | 2016年02月»

冬本番です。

年末年始の穏やかな気候から一転、ここ数日は1月らしい寒さが戻ってきました。

週末には大寒波がやってきて、雪が降る可能性もあるとのことで、訪問スタッフもいつも以上に運転に気を付けています。
足元が滑りやすくなるので転倒には注意したいですね。

2016年01月23日

踊り葉牡丹

2016%E8%91%89%E7%89%A1%E4%B8%B9.jpg

冷たい雪が降りましたが前日軒下に避難させた植物は無事で安心した月曜でした。チューリップの球根も少しずつ芽が伸びてきています。小さいながらも頑張って成長している葉牡丹ですが、一つだけ昨年の物が枯れずに一つの幹から4つの花を咲かせています。踊り葉牡丹ってこの状態の事だと思うのですが・・・。一度芽が出て少し経った時、青虫君が食べてしまったのでミニ葉牡丹のような花です。初めてこのような状態になったので珍しくて画像を載せてみました。インフルエンザが流行ってきていますので、手洗いうがいをしっかりしていただいて万が一熱が出た時には体力や免疫低下により他のウイルス感染もしやすくなっているので、外出や病院に行く時にはマスク着用を心がけてみるといいかもしれません。週末の雪が酷くならないか心配ですが、降っても大丈夫なように出来る事は準備しようと思います。

2016年01月21日

《健康相談室》冬場の疾患について

冬になると血圧が高めになるのですが、これは何故 ですか? また、寒くなるとトイレや風呂場で倒れる人 が多いといわれますが、血圧と関係があるのでしょうか

冬の入浴やトイレは、中高年の人には危険がいっぱい
  寒いこの時期、血圧の高い人は要注意です。私たちの身体は、寒くな ると体温を逃がさないように血管が 収縮し、血圧が上がりやすくなりま す。このため、普段から血圧の高い 人は、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす危険が高くなるのです。
  寒い屋外に出た時や、暖かい部屋 や布団の中から脱衣所やトイレなど 寒い所へ移動した時、早朝に起きて 動き始める時などは注意が必要です。
  また、朝から昼にかけては交感神経が優位となり、血圧が高くなりま す。このため脳卒中や心筋梗塞によ る死亡数は、朝7時ごろから増え始 め、 10 時ごろにピークを迎える傾向 にあります。冬の朝はとくに注意し なければいけません。
  さらに、寒いトイレでいきむと血 圧が 60 ぐらい上がると言われ、脳出 血が排便中に起こるケースも多く、 便秘も要注意です。
  対策としては、入浴の時は風呂場 や脱衣所を暖かくしておくこと。〈小 型の暖房器具を脱衣所に置く〉〈沸 かした風呂の蓋を開けておく〉〈暖 かいシャワーをしばらく出し続け、
浴室を暖めておく〉など工夫してく ださい。
  トイレも同様で、暖房器具を置い たり、ヒーター付便座にすると効果 があります。夜間にトイレに行く時 は暖かい上着を着たり、朝目覚めた らまず布団の中で身体をほぐし、き ちんと暖かい服を着てから動き始め ましょう。頭部より足元が冷えるほ うが血圧はより上昇するので、足元 を冷やさない工夫も大切です。
  そして、普段から血圧の高い人は、 内服治療をきちんとしておくこと… これは言うまでもありませんね。

2016年01月18日

さくら

%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89.JPG

あっという間に松の内も明け七草も終わりましたね。ご家庭では七草粥を召し上がった方も多いのではないでしょうか?昨夜買い物帰りに馬橋駅から坂川沿いをのんびり歩いていると桜が咲いていたのでパチりと一枚。寒桜なのか他に名前があるのかもしれないのでタイトルは「さくら」にしました。春の染井吉野のようなたくさんの花ではありませんが、無事新年を迎えられ小さな幸せを感じさせてくれるような優しい咲き方でした。近くにいらっしゃる時には川沿いに咲く桜の木が1本だけあるのでご覧になってホッコリしてみてはいかがですか?そろそろインフルエンザの流行も心配される時期になっていますが皆様にとって幸多き一年でありますように。本年もよろしくお願い申し上げます。

2016年01月09日

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

正月気分もようやく抜け、新たな気持ちでまた励んでいきたいと思っています。

今年は申年、筆者は申年生まれの年男であります。調べてみると申という字は「木の果実が熟して固まっていく様子」という意味を持つそうです。
クリニック、とりわけ私も字の通りにより一層、成長の年としていきたいと思います。
2016年もスタッフ一同、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年01月08日

インフルエンザ予防接種について

ワクチン入荷をお待たせしておりましたインフルエンザ予防接種を再開致しました。数に限りがございますので接種ご希望の方はお早目に受付の方においで下さいますようお願い申し上げます。予約は承っておらず受付順となりますのでご了承下さい。尚、松戸市高齢者インフルエンザ予防接種の助成を受けられる方は1月15日迄となりますのでお早めにお越し下さい。

2016年01月06日

《健康相談室》インフルエンザ予防接種と肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンの注射は、いつ受けるのが効果的ですか? また、インフルエンザの予防接種と肺炎球菌のワクチンを同時に注射しても大丈夫ですか
肺炎球菌ワクチンは季節を問わずいつでも接種できます

 インフルエンザワクチンは、毎年秋口から接種が始まりますが、肺炎球菌ワクチンは季節を問わず一年を 通していつでも接種することができます。
  インフルエンザワクチンの効果継続期間が約5カ月間なのに対し、肺炎球菌ワクチンは5年間以上と長く効果が継続するので、特に季節を気にせず接種できるわけです。
  インフルエンザで死亡する人の多くが、肺炎の合併による呼吸不全で亡くなっています。その肺炎の原因で最も多いのが肺炎球菌です。肺炎球菌には93 種類の血清型があり、現在の予防接種では、そのうちの 23 種類の血清型に効果があります。この23 種類の血清型は、成人の肺炎球菌感染症の原因の約7割を占めるという研究結果があります。ワクチンで全て防げる訳ではありませんが、日常で罹る肺炎にはかなりの確率で効果が望めますので、 65 歳以上の方、 65 歳未満の方で心不全、呼吸器疾患、糖尿病、腎不全等をお持ちの方は、両方のワクチン接種をお勧めします。
  医師の判断で、インフルエンザと肺炎球菌のワクチンを同時に接種することも可能ですし、また1週間以上あけて接種することも可能です。どちらのワクチンから先に接種する かは、特に決まりはありません。同時接種については、接種を受けられる医療機関でご相談ください。
  昨年から肺炎球菌ワクチンは定期接種とされ、対象年齢の接種費用には自治体による公費助成が行われることになりましたので、会計の負担 も軽くなりました。

2016年01月04日

新松戸駅から徒歩12分


けやきトータルクリニック
TEL.047-309-2299
FAX.047-309-2229
千葉県松戸市新松戸
三丁目114番地

【 診療科目 】
内科
整形外科
皮膚科
リハビリテーション科

【 診療時間 】
午前 9:00~12:30
午後 2:00~ 5:30
(受付は30分前まで)

【 休診日 】
土曜午後・日曜・祝日